専門学校 カードローン

専門学校生がカードローンでお金を借りるときの注意点

年齢の条件を満たしているか

専門学校に通うようになると学費の支払いが大変になったり、一人暮らしならば生活費が足りなくなってしまう問題が発生しがちです。

専門学校生がお金を借りる

お金に困ったならカードローンでお金を借りるようにすれば問題をすぐに解決できます。しかし、専門学校生がカードローンでお金を借りる場合、いくつかのハードルがあることを覚えておきましょう。

まず、20歳以上であることが絶対条件です。金融機関も大手の消費者金融も、カードローンの申し込み条件を20歳以上と定めていますので、19歳以下の専門学校生ではまず無理であることを理解しましょう。

一部の小規模な消費者金融であれば、20歳未満でもお金を借りられる会社があるものの、カードローンではなく、一般的なキャッシングによる融資になるケースがほとんどです。

安定した収入があるか

独身の専門学校生の場合には、本人に安定した収入があることも必須条件となります。

安定収入があるかどうか

安定した収入とはいえ、定期的にアルバイトをしていれば、収入が少なくてもカードローンの審査に通るパターンが多いですので、恐れずに申し込みにチャレンジしてみましょう。

ちなみに、専業主婦として専門学校に通っているのであれば、金融機関のカードローンの中に申し込みが可能なものが存在します。専業主婦のパターンでは、ご主人が会社員であるなど、配偶者に安定収入があれば申し込むことができます。

専門学校生から専業主婦まで申しめる、業界最低水準の低金利が魅力のみずほ銀行カードローンは少しでも利息の負担を減らしたい方にまずおすすめしたいカードローンです。

みずほ銀行

\専門学校生が低金利で選ぶなら/

みずほ銀行カードローン

即日でお金を借りれるカードローン

急な出費の際に便利な即日融資でお金を借りれるカードローン。最短60分融資のプロミスや最大180日間無利息のレイク、職場への電話連絡をなくせるモビットなど、充実したサービスのカードローンBest3から、ぜひあなたに最適なサービスを選んでみてくださいね!
即日でお金を借りれる人気のカードローンBest3はこちら

専門学校生がカードローンでお金を借りるときの注意点関連ページ

浪人生でもお金を借りれるカードローン会社とは?
浪人生の場合は、就職をしていないのでお金を借りられないと思われがちですが、アルバイトなどで一定の収入がある場合には、カードローンでお金を借りることが可能です。
大学生がカードローンでお金を借りれる借入限度額とは?
大学生がカードローンでお金を借りるときの限度額は、年収の3分の1の金額がそのまま、借入限度額となる人がほとんどということになります。
お金を借りるときの最終学歴|カードローン審査に通過する方法
カードローンでお金を借りる時には最終学歴を確認されることがありますが、学歴そのものは審査の通過の可否に直接影響することはありません。
高卒がカードローンでお金を借りる|無利息で借入するには?
高卒であったとしても20歳以上の年齢になっていて、安定した収入を有していれば、カードローンの契約を締結してお金を借りることが可能です。もちろん無利息期間等のサービスも受けられるので安心です。
中卒でも借りれるプロミスのカードローン【アルバイトでも即日融資】
カードローンに申込む際には学歴を記入する欄はありませんので、中卒でも問題なく借りられますし、そもそも中卒であることは知られることはありません。そのため安心してお金を借りることができます。